FC2ブログ











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の三 

魅音「あ!おじさんの手伝い忘れてた!!!悪い!みんな!今日は部活なし!」

前原「おじさんの手伝い?柄にもなく孝行なヤツだな…。気をつけて帰れよ~。」


ベジータ「…クソ!!このゲーム楽しみにしてたのに!!」 前原「・・・そうだな。ん?悟史?誰だ、コレ。」

前原「レナ。やっぱりこのクラスからも転校しちゃったヤツもいるのか?」

レナ「うん、いるよぉ。」

前原「悟史ってやつも転校したのか。」

レナ「・・・ごめん、良く知らないの。レナの転校と入れ替わりだったみたいで。」

前原「・・・」





ベジータ「くそったれ!!楽しみにしてたのに!!!」






前原「なぁ、レナ。みんなは俺に嘘や隠し事はしてないよな?」

レナ「うん?してないよ全然。」

前原「嘘だろ。してるよな、隠し事。」

レナ「・・・圭一君こそ、レナたちに嘘や隠し事してないかな。」

前原「う・・・してないよ、嘘も隠し事も・・・」

レナ「嘘だよ」

前原「ど、どうして嘘だって・・・」

レナ「圭一君、昨日の部活のとき先生に呼ばれて職員室に行ったって言ったよね。
    レナは知ってるよ。圭一君は職員室になんて行ってない。
    校門のところの車の中で話をしてたよね…。誰、あのおじさん?」

前原「いや、それベジー…」

レナ「知らない人がなんで圭一君に用があるの?何の話をしていたの?」

前原「いや、だから俺じゃないし。そ、それにみんなとは関係のない話だよ」

レナ「――嘘だ!!!!」


ベジータ「フンッ。隠し事はよくないぞ圭一」

前原「ホラ吹いたのはお前か」



レナ「じゃあ、話をしていたのはベジータ君なんだね」

ベジータ「ああ。すまなかったな圭一。」

レナ「まぁ、圭一君に内緒や隠し事があるように、レナ達にもあるんだよ…」

前原「あ・・・ああ・・・」

レナ「いこ♪涼しくなってきたよ♪」



ベジータ「圭一、宿題を写させやがれ!!」

圭一「おまえなぁ…。」

母「圭一ー!!本屋さんから電話よー!!」

圭一「え?本屋さん?」

大石「夜分遅く申し訳ありません。私、興宮警察署の大石と申します」

圭一「え?なんで俺に…」

大石「ベジータさんが今後は前原さんに連絡するようにと言われましたのでね。」

圭一「…」



大石「どうです?何か変わったことはありますか?」

前原「じゃあ・・・、あの鬼隠しって何の事か分かりますか?」

大石「それはですねぇ、世間様で言う神隠しと同じ意味ですよ。」

前原「神隠し…」

大石「雛見沢は昔鬼が住む里といって恐れられていたんですよ」

前原「鬼、鬼って地獄にいる・・・」

大石「んぅ~、というよりは人食い鬼ですなぁ。里に下りてきて人をさらって食ってしまう、なんて怖い話があるんですよ」

前原「レナや魅音が話してたんです。オヤシロさまなら鬼隠しがどうとか・・・」

大石「前原さん、最初の事件ご存知ですよね。バラバラ殺人。」

前原「ええ。6人の犯人のうち一人が逃走中なんですよね。」

大石「例えば、それ。逃走中じゃなく鬼隠しにあったとしたら。」


ベジータ「おい!!!お茶はまだか!!!!」

前原「大石さん、すいません。ちょっと待ってていただけますか。」


前原「その翌年の事故はどうなんです。誘致派の男と妻が事故死したっていう…」

大石「実はですねぇ~、正式に事故死したのは男だけなんです。妻は死体も見つかっていません。」

前原「三年目はどうなんです?神主は病死、妻は自殺ですよ」

大石「これも全く同じなんですよ。あったのは遺書だけ。妻の遺体は見つからなかった。
    これらを鬼隠しと呼んでいいかはちょっと分かりませんがね。オヤシロさまの祟りの度に人が行方不明になってます。」

前原「じゃあ去年の主婦の撲殺事件は…。誰か行方不明になりましたか?犯人は逮捕されたんですよね?」

大石「ん~、逮捕されてますよ。覚せい剤の常習者でしてね。
    ですが、犯人逮捕からしばらくして被害者宅の子供が行方不明になっているのが分かったんです。」

前原「えぇ。犯人は逮捕されているのに?」

大石「取調べ中に拘置所で死にましてね。真相は闇の中、なんですよ。」

前原「行方不明になった子供って…」

大石「年はあなたのひとつ上で、名前は北條悟史。」

前原「え?悟史!?」

大石「あなたの学校に去年まで通っていました。」

父「おーい圭一!茶持って来たぞぉー!!」

ベジータ「待たせやがって!!」


前原「すみません、親父が来ました。今夜はこれくらいで。」

前原「ん、何カップ3つも持って来てんの?」

父「もうはぐらかすなよ。さっきレナちゃんが来てたじゃないか。」

前原「!!!」

父「あ~れ~、すれ違いだったかなぁ・・・」

前原「レナが・・・来てたのか・・・。2階に上がったの、父さん見たの?」

父「もう!!隠すなよぉ!!小柄な人だったからレナちゃんだろう」


前原(その時…確かにレナは来ていた…。そして…俺の部屋の前で…大石さんと俺の会話を…)



ベジータ(竜宮が来たのに部屋に入らないなんて不自然だ…小柄な…まさかフリーザ!!もう探し当てやがったか!!)



其の四へ


「2ちゃんねる」笑ったネタ「2ch」
http://internet.blogmura.com/rpc/trackback/71347/7bs0s0j1d9kt

にほんブログ村 トラコミュ 「2ちゃんねる」笑ったネタ「2ch」へ
「2ちゃんねる」笑ったネタ「2ch」


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zidaraku8000.blog70.fc2.com/tb.php/34-c12af06d