FC2ブログ











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

計算できない女www 

ちょっとしかログとれなかったので全文掲載。
不覚にも萌えた…www






1 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします[sage] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 06:44:19.12 ID:2Zyl4UGr0
ちょっと!!お兄ちゃん。私のプリン食べたでしょ?
一個買ってきて昨日食べたのに無くなってるよ?

2 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします[sage] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 06:45:07.19 ID:6f6/XNwi0
1-1もできないのか

スポンサーサイト
[ 2006/10/31 04:10 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

メンヘル系でこんなの 



世の中にはまわりの迷惑顧みず、
「自分が嫌い、死にたい」
と言って自分に陶酔。

「病気だからしょうがない」と、
どんな時でもワガママ放題。

自分に都合のよい診断をしてくれる医師から
「鬱」の診断名を引き出し、葵の御紋のように振りかざす。

自分語り・不幸自慢・薬自慢・リスカ自慢・
抑鬱の「悩み」を、聞きたくもない人に無理やり聞かせる。

「鬱は頑張っちゃいけない」「鬱は理解されない」と
 自 分 で 言うのが得意技。

仕事ができないほどツラくても、
ライブやイベントでは元気いっぱい。

ってな感じの
メンヘルな事を免罪符にして
他人に迷惑をかける「自称メンヘラー、似非メンヘル」



そんな奴らの生態を、
アンチメンヘル系のスレから抜粋し
紹介していきたいと思います…。

*注意*
殆どただの愚痴。
違いを受けた経験無い人は面白くないかも。




『自演メンヘルたそ』


[ 2006/10/30 06:09 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

ちょっと恐い話なんか 

恐い系の話でちょっと気に入って保存してあったもの。
こういううっすら恐いの結構好きな俺。



768 名前:1/7 投稿日:03/08/29 00:21
大学時代半年ほど付き合った彼女がいた。
1コ上で美術コースにいた人だった。
バイトが同じで知り合ったのだが、一見するとごく普通の女子大生。
しかしなんどか描いている絵を見せてもらったことがあるが、
前衛的というのか、絵は詳しくないのでよくわからないけれど
どれも「体の一部が大きい人間の絵」だった。
グループ展やスケッチブックのラフ画などすべてがそうだった。
たとえば半裸の外人が正面を向いている絵があるが、左目だけが
顔の半分くらいの大きさで外にまではみ出ていた。
他にも足の先だけが巨大化した絵だとか、鼻、口、肩、親指・・・・
写実的じゃない抽象画のような作風だったが、パっと見吐き気を覚えた
ことがある。
そんな時彼女は困ったような顔をしていた。

769 名前:2/7 投稿日:03/08/29 00:21
彼女とつきあいはじめてふとあることに気がついた。
子供の頃からずっと、何度も何度も繰り返し見ていた夢を見なく
なっていた。
それは悪夢というべきなのか、よくある追いかけられたりするような
脅迫的なものではなく、静かな静かな夢だった。
それは唐突にやってくる。
袋が見えるのだ。
巾着袋のような艶かしい模様をした大きな袋。
子供くらいなら隠れられそうな。
それまでどんな夢だったのか、関係が無い。
とにかく気がつくと場面は大昔住んでいたアパートの一室になり、
夕日が窓から射し込む中で袋がぽつんと畳の上に置いてある。
この夢がとてもとても恐ろしかった。
夢なんてものは奔放に目まぐるしく変わるものなのに、この部屋に
入りこむとそれが凍りついたように止る。
部屋には扉はどこにもなく、ただ立ち尽くして袋と向かい合う。
目を反らしたいのに魅入られたように動けない。


770 名前:3/7 投稿日:03/08/29 00:22
やがてわずかに開いている袋の口の陰を、負の期待感とでもいう
ものでじっと見つめてしまうのだ。
ああ、はやく。はやく夢から覚めないと。
逃げ場はたったひとつしかない。
その部屋はいつも夕日が照っている。
それが翳り始めると、袋の口が開いていくような気がして。

そんな夢だ。
目覚めて、もうあの部屋には行きたくないと思う。
しかしどんな楽しい夢でも、ドアを開けるとあの部屋に繋がってしまう
ことがある。
そして降り返るとドアはないのだ。

その夢が、頻度は減っていったが大学に入るまで続いた。
よくよく考えるがあの袋に見覚えはない。
畳敷きのあの部屋も、今はアパートごと取り壊されているはずだ。
脈絡が無く、意味がわからない。
だからこそ怖く、両親にも誰にもこのことを話したことはなかった。

771 名前:4/7 投稿日:03/08/29 00:22
それが彼女とつきあいはじめてから何故か一度も見なくなった。
ホッとする反面、長く続いたしゃっくりが止った時のような気持ち
悪さもあった。
彼女にこのことを話してみようかと思っていた頃、彼女に
「夜、特別美術棟に忍び込んでみない?」と誘われた。
美術棟は夜は戸締りされ、入れなくなるのだが学生たちは独自に侵入路
を持っていてこっそり夜の会合を開いたりしているらしい。
面白そうなのでさっそくついて行った。

深夜明かり一つ無い棟の前に立つと彼女は、スルスルと壁をよじ登って
窓のひとつに消えて行った。
やがてガチャリと音がして裏口が開いた。
美術棟自体はじめて入ったのだが、中は想像以上に色々なものが煩雑に
転がっていて思わず「きったねえなあ」と言ってしまった。
持ってきた懐中電灯で照らしながら、書きかけの絵やら木工品やら学生たち
の創作物の中をかき分ける様に廊下を進み、3階の一つの部屋に入った。


772 名前:5/7 投稿日:03/08/29 00:23
「ここ、私の作品を置いてる物置」
たしかに見覚えのある作風の絵が所狭しと並んでいる。
夜、こんな風にわずかな明かりの中で見ると言い様のない不気味な
雰囲気だった。
「前から気になってんだけど、どうしてこういう1ヵ所だけデカイ人を
 書くの?」
今までなんとなく聞けなかったことを勢いで聞いてしまった。
彼女は右目が異様に大きい人物画を懐中電灯で照らしながら答えた。
「私ね、子供の時家族で南の島に行ったの。ポリネシアのほう。
 そこでこんな民話を聞いたの。
 むかし人間が今よりもっと大きくて尊大だった時、その行ないに
 怒った精霊が呪いをかけて人間たちの体を小さくしてしまった。
 ただし、情けをかけて体の一部だけはもとのまま残してくれた。
 でも人間たちは大きい手や耳、鼻やへそをやがてうとましく思うようになった。
 そして精霊にお願いしたのよ。
 どうか残りの体も小さくして下さいって」

773 名前:6/7 投稿日:03/08/29 00:23
思わずまじまじと絵をみつめた。
「つまりね、これは小さくなってしまった巨人なのよ。
 彼はこの大きな右目だけで真実の世界を見ている。
 でもそれは今の世界を生きるにはむしろ邪魔だったのね。
 人間はそうして愚かで矮小な生き物になることを自ら選んだと、
 そういうお話だった。
 すごく面白いモチーフだと思ったから・・・・・・」

そういう彼女の顔にはかすかな翳りがあった。
「私ね。信じられないかもしれないけど、本当に見たのよ。
 その島の至るところで、この絵みたいな人。
 見えていたのは私だけだった。
 日本に帰ってからも見た。周りにいるの。
 見えなくなっちゃえって思った。 
 でもそうはならなかった。
 ゲゲゲの鬼太郎って知ってる?
 それに出てくるの。目に見えないお化けを退治する方法。
 とり憑かれた人に質問をしながら、石に描いた点線を結ぶと
 お化けの正体が現れてその石に閉じ込めることができるって話。
 小学生の時それを読んで、描いた。
 こんな絵」

774 名前:7/7 投稿日:03/08/29 00:24
「そしたら見えなくなった。体の一部が大きい人。
 でもそれから不思議なものをたくさん見るようになったわ。
 え?言っても信じないよ。
 とにかく私はそんなもの見たくなかった。
 ね、あの民話みたいでしょ。
 普通の生活がしたいから、真実かもしれないものを捨てるの。
 そうして見たものをもう絵には描かなくなった。
 ただ見ないふりをするだけ。 
 まだこんな絵を描きつづけているのは単純に、本当に面白いモチ
 ーフだと思ったから」

確かに絵に描かれた体の一部が大きい人は白人や日本人ばかりだった。
「バカバカしい話だと思う?」
彼女はいつもの困ったような顔をしていた。
信じられない話だ。
荒唐無稽ともいえる。
しかし彼女の話の途中から見てしまっていたのだ。
彼女の背後に並ぶ棚の、一番奥まったところにある絵を。
それは夢に出てくるあの袋の絵だった。

[ 2006/10/29 13:32 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

旦那・嫁の面白い寝言を語るスレ その4 

164 :みみ :2006/09/08(金) 01:53:23
187センチの彼が。。うなされてたので、
どうしたの?と話しかけたら、
「リスが・・・」
「肩に乗って・・・・・」
「話しかけてくる・・・・・」


-----------------------------------------


166 :名無しさん@ピンキー:2006/09/08(金) 16:41:10
この前おれが言ったらしい

俺「カ、カカオットォ・・・」

[ 2006/10/25 03:18 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

デブが言いそうなかっこいい台詞 

デブが言っているところを想像して読んで下さい。



これで五人前だと?
笑わせるじゃねえか



飛ばねぇ豚はただの豚だ



[ 2006/10/24 10:23 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の八 

前原「・・・はっ!」
レナ「横になってたほうがいいと思うな」

前原「どうしてここにっ!?」

ベジータ「合鍵を作っておいて正解だったようだな」

前原「出てけ。」

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の七 

前原「フンっ!!フンッ!!」ブォン!!ブォン!!

魅音「圭ちゃん!おはよう~。圭ちゃんって野球好きだったっけ?」

前原「気が散る!!ほっといてくれ!!」

魅音「やめてよ!!素振り!!」
前原「な、なんだよ!!」

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の六 

チリリリンチリリリン
圭一「はい。」

母「ああ圭一、お父さんとお母さんお仕事の関係で急に東京に行かなくちゃならなくなったの。」

圭一「なんだよそれ。」

母「帰るのは明日の晩になっちゃうけど、ひとりで大丈夫よね?」

圭一「別に死にはしないよ。」

母「そう。じゃあね。明日の朝ちゃんと起きるのよ」

圭一「へいへい。ほんじゃ。」

ベジータ「フンッ、両親が外出か。ちょうどいい。」

圭一「お前、結局ついてきやがって・・・」

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の五 

前原(あいつらは…どうしてか知らないけど俺の命を狙ってる。
    糞!!俺は簡単には消されたりはしないぞ!!)


―私、前原圭一は命を狙われています。
 なぜ、誰に命を狙われているかは分かりません。
 ただひとつ分かることは、オヤシロ様の祟りに関係があるということです。

前原(これを時計の裏に…)

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の四 

前原「熱あるみたいだ。今日は休むよ」

母「じゃ、レナちゃんに伝えておくわ」

前原「ああ・・・」


大石「前原さぁん!!こんにちはぁ!!今日はどうしたんです、学校」

前原「ああ、ちょっと体調悪かったんで、病院に。」

大石「私、お昼に行こうとしてたんです。よかったら一緒にどうです。興宮まで。」

前原「は、はぁ・・・」

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の三 

魅音「あ!おじさんの手伝い忘れてた!!!悪い!みんな!今日は部活なし!」

前原「おじさんの手伝い?柄にもなく孝行なヤツだな…。気をつけて帰れよ~。」


ベジータ「…クソ!!このゲーム楽しみにしてたのに!!」

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の二 

前原「部活初日からひどいな…。その顔。」

ベジータ「・・・チッ」

【温泉】 鶴の湯 秋田県 

今でこそヒキコモリでどこにも出かけない俺ですが、
旅行くらいは人並みにした事があります。
ウソジャナイヨホントウヨ
という事で今日はオススメ宿の紹介などしたいと思います。



秋田県にある温泉、鶴の湯。
俺のオススメはここの別館

『山の宿』


その名の通り山の中にある宿です。
かなりいい所で建設途中だった頃から
何度も訪れていました。

お忍びで芸能人もよく来るようで
壁に訪問ありがとう!みたいな写真とか
いっぱい飾ってありました。

キャイーンの写真しか記憶に無いけど
結構有名な作家とか女優とか来てたみたいwww



まぁ、そんな話はおいといて、
この宿の何がいいかっていうと

メシです!ずばりメシが美味い!!


なんと囲炉裏でメシ食えんのよ!
囲炉裏の火でイワナの塩焼きとか焼くんよ!
網でソーセージとか貝とか焼いたりもして
ちょっとしたバイキング的な晩飯が食えるんよ!
秋田だから米も美味いしね、最高さ。
あとは鹿の刺身??あれも美味かったな。

結構前の記憶だからあんまりメニューとか
覚えてないけどとにかく美味い。

秋田に行った時は是非行ってみて欲しい俺的名宿。
HPあった→鶴の湯HP


あと余談だが山の宿に入る道をスルーして
さらに坂を登ってくとちょっとした喫茶店?があって、
そこのチーズケーキがまた、中々うめぇのだ。
潰れてなければいいんだが…
[ 2006/10/12 05:00 ] | TB(0) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に ~サイヤ人襲来編~ 其の一 

VIPで見つけましたwwwww
鬼隠し編見た人だけどうぞwwwww








先生「はーい、今日は転校生を紹介します。ベジータ君、入ってきて♪」

ベジータ「…」

先生「ベジータ君、自己紹介お願い。」

ベジータ「…ベジータだ。」

旦那・嫁の面白い寝言を語るスレより その3 

153 :名無しさん@ピンキー:2006/08/29(火) 19:11:32
嫁「ジェルが有るから大丈夫…」
ドコに?


-----------------------------------------


154 :名無しさん@ピンキー:2006/08/29(火) 21:25:55
旦那「DB(ディービー)磨かなきゃ…。DB…」
私「DB…ってドラゴンボール?」
旦那「うん。DB磨かなきゃ…」

あれは磨く物じゃなく集める物だと思うのだが…


-----------------------------------------


155 :名無しさん@ピンキー:2006/08/30(水) 11:41:56
嫁「桜が咲いてる…向日葵も…あれってラフレシアだよね?」
俺「へ?どこよそこ?」
嫁「上に…海が…」
……竜宮城でつか?
[ 2006/10/10 06:09 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

旦那・嫁の面白い寝言を語るスレ その2 

116 :名無しさん@ピンキー:2006/08/11(金) 00:44:06
「すみません、二枚目判押してませんすみません」
と何度もいうから

「もう、いいよ。お前には頼まないよ」
と言ったら。。すみません。。と蚊の鳴くような声で言っていた


-----------------------------------------


139 :名無しさん@ピンキー:2006/08/23(水) 15:01:51
旦那が立ち上がったので
私「どこ行くの?」
旦「トイレっす」
私「トイレそっちじゃないよ?」
旦「大丈夫っす!陰でします!」
私「・・・ぅおぉぉいっ!!」


-----------------------------------------


142 :名無しさん@ピンキー:2006/08/23(水) 21:17:54
嫁が
「くちゃくちゃくちゃ・・・ごっくん」

なんか食って飲み込んでた。
[ 2006/10/07 00:07 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)

旦那・嫁の面白い寝言を語るスレ 

面白かったので持ってきましたwwww





5 :名無しさん@ピンキー:2006/06/14(水) 12:25:27
>>1乙

昨日、嫁さん寝言で・・・

「○○(俺の名前)、これ、安いから買ってきたのよー」

・・・数秒後に

「ダイエーの48階で売ってんだ(微笑みながら)」


( ̄○ ̄;)

それ、どこのダイエーよ?近所のダイエーはそんな高層ビルじゃないよ!




16 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 09:20:44
「……カモメにルーズソックス」

オマエは何がしたいんだ?



28 :名無しさん@ピンキー:2006/06/24(土) 14:48:14
さっき昼寝中の夫

マンゴパパイヤカメレオン

くちゃくちゃ言わせて満面の笑顔に。
マンゴとパパイヤはわかる。カメレオンてナニ。

29 :名無しさん@ピンキー:2006/06/26(月) 20:16:53
嫁 フフフフ、来たよ
俺 何が?
嫁 ・・・ブタさん・・・フフフフ
俺 ・・・・・・・

どんな夢見てるんだろう?

[ 2006/10/05 05:39 ] 2ちゃんねるより | TB(0) | CM(0)